消費者金融の由来

1970年代はサラリーマンを主に対象としている業者が多かったのでサラ金と呼ばれた。
次第に女性や自営業者の契約が増えていき、消費者金融と呼ばれるようになった。
[戻る]